スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏☆2017


Summer has come !!!

夏が来ました♪


夏は私にとって、一番多くの思い出を作ることができる季節です。

それは、外にいられる時間が長いことと、夏休みというゆったりとした時間を過ごせることで、いろんなものに挑戦できる機会や出会う人たちが増えるから。

今年の夏は七夕祭りからのスタート☆

仲の良い友達と女の子2人でロマンチックを満喫して、夏やなぁと言い合っては微笑みあってました、笑。

仲間たちとカフェでまったり過ごしたり、飲み会したり、ちゃんばらしてみたり、年甲斐もなくオールなんてしてみたり…
浴衣着て祇園祭に行ってみたり、アクアライナーに乗って短い船の旅を楽しんでみたり、ずーっと散歩してみたり…

まだ8月にもなってないのに、たくさん楽しい思い出が増えています。


少しだけしんどいこともありました。

噛み合わない話の中、ナイフのような言葉を浴びせられて…胸が痛みました。

年を経ても、その時間に真っ直ぐ向き合った人たちと築いた絆は変わらない…
そう信じていたけれど、そうじゃない時もあるということ、
思い出に蓋をすることは苦手だけれど、そうすべき時もあるのだということを学びました。

でも、相手がナイフのような言葉を使うからと自分が使い返す必要もなければ、例えば相手が私を嫌ったとしても、自分が嫌い返す必要もない。

結局何を言われようと自分がぶれることはなくて…それが少し誇らしくもありました。

どんなにしんどくても、私は私らしくいられるんだなって思えたから…。


そして、今回も胸が痛んでたまらない私を支えてくれる人たちがたくさんいました。

全てを知った上で、私が言われたことを一蹴して、笑い飛ばしてくれる人達…
より強く、より温かく…支えてくれる人達。

磐石と呼ぶにふさわしいこの環境で、また夏を過ごせるということが、本当に嬉しく、また楽しみです。


来週から1週間、高校時代からの友達と部屋を借りてシェアします☆
そしてそのあとの1週間は、友達を訪ねて台湾に飛びます。

「これも、これも」と、尊敬できる人達が貸してくれる本もたくさん手元にあって…学びも多い夏になりそうです。


今日は天神祭…

きゅっと帯を閉めて、椿の浴衣に身を包んで、今日もまたひとつ、夏の思い出を増やしてきます。

夜空に咲く花火のように、みごとな大輪の花をいくつも咲かせるような夏にしよう…
ゆっくりと髪を結いながら、そう思いました。

七夕



スポンサーサイト

最初で最後


久しぶりの、日記更新…

慌ただしい仕事をこなしながら、仲間たちと過ごして幸せを感じる。
そんな、平穏な日々が続いている。

端から見たら何の不満もないだろう幸せいっぱいの今の環境のなかで、
私はそれでも悩み、苦しみ、そしてその悩み苦しみを受け入れながら、光の射す方へ向かおうとしている。

自分自身に、恥じないように。
後悔する生き方を、しないために。


一つ、決意をした。


その芽ばえを祈りながら、欠かさず水をあげて、大切に育ててきた種。

やっと膨らんできた蕾を、摘み取る。

花が咲いても咲かなくても、蕾となるまで育てたその時間は変わらない。

だから、前だけを見つめて、私は一歩を踏み出そうと思う。

後悔はしたくないから…。



『前へ』 大木実

少年の日読んだ「家なき子」の物語の結びは、こういう言葉で終っている。
ーーー前へ。
僕はこの言葉が好きだ。

物語は終っても、僕らの人生は終らない。
僕らの人生の不幸は終りがない。
希望を失わず、つねに前へ進んでいく、物語のなかの少年ルミよ。
僕はあの健気なルミが好きだ。

辛いこと、厭なこと、哀しいことに、出会うたび、
僕は弱い自分を励ます。
ーーー前へ。

at Venice Beach


満天の星空☆


三連休、1日目と2日目に7人の仲間と徳島にいった。
祖父母の家があるから、何回も何回も来たことがある徳島だけど、南にはあまりいったことがない。

今回は徳島の南の島にある、仲間の友達が持つ別荘にお世話になった。
BBQをしながら、話をしたりジェットスキーにいったり、それぞれが過ごしたいように過ごす。

日本での初ジェットスキー…あまりのスピードで少し怖かったけど、爽快だった。
久しぶりに船釣りもした。

釣ってきた魚をたたきにして、野菜たっぷりのカレーと共に食べる。

夜になると、空には満天の星…
お家にある露天のジャグジーで夜空を見ながら冷えた体を温めて贅沢に過ごす。

体が温まってからは、ご飯を食べて、散歩へ。

丘にある廃校のグランドで星空を眺めていると、流れ星が流れた。
港の方へ行くと、煌々と海を照らす月が波を映し出していた。



気配りのできる温かい仲間たちと過ごす極上の時間…幸せだと思った。
そして、この夜満天の星空を見ながら思ったことがもうひとつある。


大阪では見られない天の川の薄白い輝き…
数えきれないほどの星…。

見えないけれど確かにそこにある。
そういうものが、どれだけ私たちの周りにあるのだろう。

そして、星空を見ていてきづいたこと…
それは、失って気づくことの大きさだ。

和歌のなかには、月を詠んだものはたくさんあるけれど、星を詠んだものはあまりない。

満天の星空…きっとそれは千年以上前には当たり前のものだった。
当たり前すぎて、とりたてて目を向けることがそんなになかったのかもしれない。

けれど光が発明されて、明るくなっていく中で、段々と細かな輝きが見えなくなっていった。
私たちは見えなくなったことで、その美しさと素晴らしさを知り、求めるようになった。

なくなって初めて、知ることや気づくことがある。

だから、今あるものに目を向けることを大切にしたいと思った。

それが見えないものであれ、あって当たり前のものであれ…
自分のそばにあるもののひとつひとつをいつも忘れず確かめていたい。

そうすればきっと、悔いを残さずにいられる。

波の音が響く夜、空を眺めながらそんなことを思った。

per aspera ad astra.





穏やかな日だから…。

心が、揺れる…。

今日はそんな一日だった。

特別な何かがあったわけじゃない。

少し慣れてきた、新しい学年の生徒たち、彼らとの授業…。
緩やかで穏やかな、けれど頼りがいのある学年の先生たち…。
何度やっても慣れない職員会議での発言…。
運営に関することで頭を使う時間…。

今日起こったことは、すべて、今の私の、日常。

特に大きく心を揺さぶられることがあったわけじゃない。

でも、なぜか心が揺れる一日だった。

花水木が花開いてきていた。
曇り空の向こう、雲の晴れ間から見えた夕陽が紅かった。

そんな一日だった。

心が落ち着かなくて、もう一度、去年と一昨年書いた自分への手紙を読んだ。
今日生徒も特別活動の時間に「一年後の自分へ」手紙を書いていた。
ふと読みたくなったのは、その影響だったのかもしれない。

誕生日よりさらに心に刺さった。
心の揺れるその場所を、さらに揺り動かすようだった。

自然体で、私のままで…素直に、心を開く。

大切なこと、大切にしたいこと。
でも、そうできない時があると気づいた。

それでも、心に鍵をかけるようなことは、したくない。
だから、石を宝石にするように、磨いていこう。
ずっとずっと、透き通ったまま…決して濁らせることのないように。

自分の意志も想いも、どちらも大切にしていきたいから…
宝石のように磨き上げて、心に溜めていく。

涙が、流れた。

つらいわけでも、苦しいわけでもないのに、胸がしめつけられる。
不思議な感覚を味わった。

穏やかな日だから、感受性が全開に広がったのか、
心地よさと切なさが入り乱れてそわそわする。
そんな一日だった。


特別何かがあったわけじゃないけれど、
心が…何かの、区切りを感じたのかもしれないね。



教え子。

前の学校の教え子に誘われて、ランチに行ってきた☆



現在高校二年生…華の17歳!
まぶしかった、笑。
もともと美人な子なんだけど、久しぶりに会うと、前よりさらに大人っぽくなって、綺麗になっててびっくりした。

そんなその子は前の学校の教え子で、教えていたときから今までずっと素直に慕ってくれて、いつもいろんなことを話したり相談してきてくれる。
強く信頼してくれるその子が可愛くて、しょうがない(*^^*)

中学にいるときは、先生と生徒という縛りがどうしてもあるけれど、卒業してからは、一対一の、人と人としてのお付き合いができる。
もちろん、根底には「先生と生徒」ということがあるんだけど、一緒にできることや話せることの幅がひろがる。

今日も、いろんな話をしてくれた。
学校での悩み、恋の悩み…思い悩み惑うことが特に多いこの時期、しんどいことがたくさんあったのが、伝わってきた。
学校を離れると、縛りはなくなるけれど、悩んでいるまさにその場所で悩みに寄り添うことができなくなるから、力になれる幅が狭まってしまうのが、残念だ。
頑張っているその子に私ができることは、見守ることと、いつもそこにいることだけだけど、その二つは、この先もずっとしていきたいと思う。

ゆっくりとランチをし、食後にお茶を楽しんで、ぷらぷらと街をうろついた。

帰り際、電車のホームまで送っていくと…小さな包み紙を渡された。

「クリスマスプレゼント。文香のイメージで選んでん。」

本当にびっくりした。
やりくりをして貯金を貯めているその子が、使える限られたお金の中で、用意してくれたプレゼント…
私に似合うと思って選んでくれたというその優しさが、本当にうれしかった。

成長と眩さ、優しい気遣いが心に沁みて、満たされていく。

教員として歩んでくる中で出会った子ども達が、教員として歩む私に力をくれる。

本当に本当に、私は幸せだ。

教え子達からたくさんのものを心にもらった今年のクリスマス…
もっともっと、頑張って、温かな気持ちを彼らに返していかなきゃ。

よし、頑張るぞ!



プロフィール

*Ayaka*

Author:*Ayaka*
Name:あやか
Age/Sex:29/Female
Location:
Osaka, Japan/Bangkok, Thailand

+About Ayaka+:
大学院留学から帰国し、
現在日本で英語教員をしながら、精進中です。
最近はまっていることは、お菓子作りとビリヤード。
バンコクのど真ん中で大学院生をしてました。
タイ語はあまりできません。
ただ、ぼられない様にしていたら、ショッピング時だけ流暢に話せるようになりました、笑。
ちなみに院では英語ばかり使っていました。

どうぞよろしく


※!!注意!!※
このブログ内では大体…
1バーツ(B)=3~3.5円(¥)
で計算してます。

詳しいレートは↓↓

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。