包み込む


金木犀の香りがした。
毎年、花の色よりも先に香りで花開いたことを教えてくれる…金木犀と梔子は、私にとってそんな小粋な花だ。

今年も、この甘く優しい香りに包まれる時季が来た。
香りは、記憶を呼び起こす一番大きなものの一つだという。
そのせいか、この時季は毎年同じことを思い出す。そして、振り返る。
10年間区切りとして目指し続けた、28歳を迎える前の、最後の秋。
金木犀の香りに、守られた。27歳だった。精一杯だった。

香りと共によみがえる、27歳の自分。
それは、別に戻りたいだの、つらかった、だの、そんな感傷的な気持ちではない。
27歳の自分は『“今の自分”に対する指標』でしかない。
毎年私は、香りをきっかけに、27歳の自分を『通して』、“今”を見る。

4月1日を歳の区切りとして、1年の目標を立てる私にとって、大体その歳の半分を過ぎるこの時季にこんな風にふり返れる機会があるというのは、ありがたい。

27歳の秋から、ずいぶんと多くのものが変わった。
33歳を迎えた半年前からでさえ、変わったものがたくさんある。
その一方で、変わらないものも増えた。
変わらないと、純粋に信じられるものが増えた、が正しいのかもしれない。
信じていたものが壊されてしまうこともあると知ったから。
(だからって、信じることをやめようとは思わないけれど。)

そして、壊してしまうかもしれない怖さを、感じているから。

わたしに学ぶ楽しさを思い出させてくれた人。私の知識欲を満たしてくれる人。
誰よりも、今、支えるべき人。支えたい人。
生きていてほしい人。

細く頼りなかった「蜘蛛の糸」が、暗闇の中、より強く紡がれていくように感じる今…
私はあなたを、傷つけるかもしれない。

けれどせめて今だけは、金木犀の香りのように、あなたを包む優しさであろう。
“今”を見つめながら、一年で一番輝く月と、この甘く優しい香りに、そう誓った。



スポンサーサイト

「開く」


初めて聞いた時から、心に残っている曲がある。

きれいなピアノの旋律が心に染み入ってくるようで、シンプルに「弾いてみたい」と思った。
けれど、唯一出回っている楽譜は、サウンドトラックの付属品としてついてくるものだけ。
そのサウンドトラックはすでに廃盤になっていて、手に入らない。
そこから、20年間…折にふれ探し続けていたその楽譜が、やっと手に入った。

久しぶりに、ピアノの蓋を開けた。
動かない指に、昔飽きるほど弾いた曲で勘を取り戻させる。
1曲弾き終えるごとに戻ってくる指の動きが、なんだかとても嬉しかった。

楽しい――そう素直に思えるような心地良さの中で、弾きたかった曲の一音一音を確認しながら奏でていく。
最近、そんな贅沢な時間を過ごしている。


もう一つ、贅沢だなと思う時間がある。
読書の時間だ。

今勤務する学校には、まさしくビブリオと呼ぶに相応しい司書の先生がいる。
友達に勧められた本について聞くと、その著者についての個人の見解と、蔵書のメモを手紙に書き、その著者の本の入門編のような2冊と、先生のおすすめの2冊の本とをセットにして渡してくれた。

そのうちの一冊に、『太陽のパスタ、豆のスープ』があった。
現代小説を読むのは、いつぶりだろう。
そう思いながら、ビブリオからの素晴らしいお手紙で抱いた感動に後押しされて、ページを開いた。

仕事に疲れた時にお勧めだと言われたのだが、まさかの出だしが別れ話…
先行きに不安を感じながらも読み進めていくと、なるほど確かに元気になれる本だった。
そして、所々で胸にそのまま入っていくような、そんな言葉との出会いがあった。
丁寧なコメントのお手紙のお返しに…と、本を読んだ感想を手紙にしたためた。


今歳…33歳になって2カ月が過ぎた。

今まで少し遠ざかっていたものを開き、瑞々しい新鮮な感覚と共に自分のすぐそばに置く。

人とのつながりに関しても…今まで固く凝り固まっていた部分に柔らかさを持たせて、違う感覚をもって、接し始めている。
それが、良い事なのか悪い事なのかは今はまだ正直分からないけれど…。

今歳は、「吐古納新の年」になる…そんな予感がしている。


司書の先生へのお手紙


33yrs old -about life-


「なにがしあわせかわからないです。
ほんとうにどんなつらいことでもそれがただしいみちを進む中でのできごとなら峠の上りも下りもみんなほんとうの幸福に近づく一あしずつですから。」

宮沢賢治作『銀河鉄道の夜』には、こんな台詞が出てくる。

星に包まれるような、読み終えたあとに何とも言えない切なさとそして煌めきが胸に広がるような、そんな物語をゆっくりと読んだ。


思い出したのは、この物語を好きだと言った、大切だった人のこと。

一生しんどいか一瞬しんどいかを考えて、別れを選んだあの27の時の選択を、今の私は、正しかったと心から思えている。

そう思える道をつくり、歩んできた自分自身に、自信を持てる。


今年、また「32歳、今歳が一番楽しく、幸せだった!」と思いながら33歳の誕生日を迎えた。

それからまだ一月半だけど、すでに「今歳が一番幸せ」と思えている自分がいる。


33歳の、私の周りには…ありのままの私を受け入れ、温かく包み込んでくれるような人たちが本当にたくさんいる。

誕生日を、特別なものにしてくれる人たちがいる。

「生まれてきて良かった」

そんな台詞が自然と口をついて出るような…そんな幸福の中で私は生きている。

峠の下りももう、怖くはない。

何があっても、揺るぎない居場所があると分かっているから。


教室で吐き気に襲われて、金木犀の香りに支えられていた私から、何もなくても、立っていられる私へ。

5年間の旅路の中で、出会った人たちとの絆が、星のように煌めいて、この先の路を照らしてくれている。

一あしずつ進むこの一歩が繋がる先に、これ以上の幸福があるのかは分からない。

けれど、今この瞬間が幸せ。

だから、ごちゃごちゃと考えるよりも、その瞬間を重ねていくだけでいい。


頭をすっきりと。

心に真っ直ぐに。


頭でっかちになりがちな私だから、今歳は、心が動くそのままに、少しの緩やかさを持って、過ごしていきたいなと思う。

そして、ずっとかわりなく思っていることだけれど、もらっている温かさには到底届かなくとも、温かさを与えられる人でありたい。


大切な人を、大切に…。


そうしながら、少しだけ、頑なだった殻を破ってみる。

銀河をわたる列車にのって知らない世界で過ごした、ジョバンニとカンパネルラのように。

どこまでも行ける切符は、もうこの手の中にあるのだから…。


33yrs old -about work-


今歳が一番幸せだった!
…と思いながら、誕生日を迎える。

そんな年が、もう何年続いているだろう。

そして、毎年思う。

「来年もきっと、そう言ってるんだろうな」

そして、必ずそうなっている。

私は、本当に幸福者だと思う。


そう思える理由を、今年は2つに分けて書こうと思う。
自分の、記録として残しておきたいから…

まず、仕事から…。


今年、異動が決まり…辞令がおりた3月31日…
私がまずしたことは、担任した教え子たちに異動すると言うことを知らせることだった。

私の担任期間は持ち上がった3年間だけ…
けれど、その3年間があまりにも学びが多く、温かいものだった。

子どもたちは、高校卒業を迎えた今なお、変わらずに慕ってくれている。

担任を3年したあとは、研究部という学校の学習活動全般を統括する部の主任と部長を務めて、また3年間…今度は大人相手の日々の中、全く違う観点や視点の中で、多くを学んだ。

その立場や周りの状況の関係から、所属した学年団は3つ…まったく違う色の3つの学年団で、それぞれの良いところを見せてもらった。

異動を機に、担任に戻れる!とわくわくして迎えた辞令だったけれど…
残念ながら今、私は担任には戻れていない。

こんなにも担任経験が乏しいのに、学年主任を務めることとなってしまった。

新しい学校で、知らない体制のなかで、『分からない』と不安しかなくて…
それでも何とか今、毎日を進んでいけている。

それは、今いる学年の先生方がすごく力があり、かつ協力的なことと、前の学校で、3つの学年を見たことが大きい。

こうして振り返ると、私は本当に大切に育てて貰ったんだなと思う。

そして、本当に恵まれた場所を用意してくれたんだな、とも思う。

前の学校で学んだことのすべてが、今のわたしを支えてくれている。

前の学校で出会った、教え子たち、同じ学年だった先生方、頼りになる管理職…そのすべてが、包み込んでくれている。


そして今、私が学年主任として身を置く環境は…

同じ学校から異動をしてきた、仲の良い二人の同僚。

2クラスだけの小規模学年。

私のやりたいようにさせてくれる、力のある先生方でつくられた学年団。

そこに所属する同期と、一緒に異動してきた姉的存在の先生。

以前同勤していた、信頼のおける管理職。

本当に恵まれているとしか言いようがない。むしろ、整いすぎてるくらいだ。


学年の廊下の外には満開の桜…
花吹雪が舞う毎日が続き、きっと来週にはこの薄紅色の景色も鮮やかな緑に変わっていっているだろう。

桜は、私にとって特別な花。

誕生花であり、元気の源。

慌ただしい日々の中、廊下から外を眺めては少し元気を取り戻していたけれど、
すべての花が散ってしまっても、きっと大丈夫。

そう、思える今の環境に、心から感謝している。

33歳も、子どもたちから、先生方から、そしてこの立場から、多くを学んでいきたい。

さくら

31




一月前、而立の最初の一年が終わった。

31歳になった。

30歳は、たくさんのことが前進した一年だったと思う。

まずは仕事…新たな学年団との毎日は、笑いに溢れていて、楽しい。
予定通り、今年度に入って立場がさらに変わり、責任はますます重くなったけれど、学年のストレスはほぼ0だから、本当に有り難いなと思う。
それでも、責任の重さに新年度始まって3日で泣いたけどね、苦笑。(もちろん、夜に家でですが(..))
でも、今のこの立場での仕事を本気出してやってみようと思ってる。

次に、友達…仲間達との絆はさらに深まった。
迷路挑戦、貴船の川床、徳島の島旅行、温泉旅行、スノボ、星旅行、ボルダリング、脱出ゲーム、げてもの道楽…数えきれないほど楽しい思い出がたくさん増えた。


毎歳、増していく温かさ…それはこの4月、特に強く感じられた。
誕生日当日にたくさんたくさん送られてきたメッセージ…
それぞれの国からお祝いを伝えてくれる留学時代の仲間たちも、いつもそばで支えてくれる日本の友達も、いろんな体験を一緒にしてきた遊び仲間達も…
一人一人想いを込めて伝えてくれたその気持ちが、本当に温かくて、幸せだ。
サプライズでケーキを用意してくれた人達もいる。
誕生日を過ぎても、直接お祝いをしたいと用意してくれるその気持ちが本当に嬉しい。

そして、どんな時も変わらずずっと支えてくれる大切な家族。
今歳のプレゼントは、ワンピース、カーディガン、鞄だった。
ある日、家に帰るとカーテンレールに綺麗にコーディネートされてかかっていた。
「特に欲しいものはない」という私に、何を贈れば喜んでくれるのかと考えて用意してくれたんだろう。
私は本当に恵まれてるなぁと思う。


28歳から「なりたい自分」の具体的な形を少しずつつかもうとしているけれど、未だに28歳までの時ほど強く描けてはいない。

ただ、年々大切なものがはっきりしていくだけだ。

けれど最近は、それでいい、と思っている。

大切なものを、大切に…そんなシンプルさが、何より必要なものなんだと思えているから。
それでいい。

自分に与えられているほどの温かさも、感動も、人に与えることが出来てる訳じゃない。

だから、少しでも多くの温かさを、彩る感動と物語を、返していかなきゃなと思う。


分厚い雲の奥で輝く満月の光のように、例えば届かなくても、自分の精一杯の力で相手に対して光を放ち照らしていたい。

でなきゃ、雲の切れ間があっても光を届けることができないから。


今この瞬間を、大切なものを、大切に…


31歳の一年、そんな風に一瞬一瞬を生きていきたい。




プロフィール

*Ayaka*

Author:*Ayaka*
Name:あやか
Sex:Female
Location:
Osaka, Japan/Bangkok, Thailand

+About Ayaka+:
大学院留学から帰国し、
現在日本で英語教員をしながら、精進中です。
バンコクのど真ん中で大学院生をしてました。
タイ語はあまりできません。
ただ、ぼられない様にしていたら、ショッピング時だけ流暢に話せるようになりました、笑。
ちなみに院では英語ばかり使っていました。

どうぞよろしく


※!!注意!!※
このブログ内では大体…
1バーツ(B)=3~3.5円(¥)
で計算してます。

詳しいレートは↓↓

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック