誠実


「誠実であれ」とか、「誠実な人がいい」とか…
よく聞く言葉。

けれど『誠実』には色んな意味が含まれていて、
『誠実である』ということは、
どうしても抽象的になってしまう。

私にとっての『誠実さ』って何だろう…
そんなことを、ふと考えた。

そして出た結論…

誠実であるということは、
言葉の重みを知り、自分の言葉に責任を持てる、
ということ。

言葉には、値札がついているわけじゃない。
分かりやすいタグもない。
その価値も重みも、人によって違う。

発する側も受け取る側も、
それぞれがそれぞれの感覚で、
それを発し、受け取る。

他愛ない会話から、
人生が変わる一言が発されることもある。
何気ない一言が、人を深く傷付けることもある。

言葉には、力がある。

私は、言葉を軽々しく扱う人は好きじゃない。

自分の言葉に責任を持てない人は、
その言葉を受け取る人のことを、その気持ちを、
考えていないから。

人は、想像しながら話を聞く。
例えば、こうしようと話したり、約束をしたら、
実際にそうしてる未来を頭に描き、その時を待つ。

描いた未来が、具体的で現実的なものであればある程、
それが叶わなければ、裏切られた心は傷つく。

そうして裏切られた心は、
また新たな『約束』の言葉を同じ人から受け取る時、
描く未来が叶う未来を信じられるだろうか。

そこに生まれるのは、懐疑…そして、諦め…

言葉を疑い、未来を疑い、人を疑う。
不安にかられ続ける中で、
未来に諦めを入り混ぜる。

それがどれほど疲れることか、
苦しいことかを、私は知っている。

言葉は自分自身の気持ちや行動の約束でもあるから、
言葉に責任を持てない人は、
自分に対しても、『誠実』でいられない。
人に対しても、『誠実』ではない。

ただ懐疑を増やし、信頼を崩し、
人と、自らを傷付けるだけ…

そして、それに気付かず、また繰り返す。

嘘も、同じことだ。
人と自己に懐疑と傷を生むだけ。

『誠実』は言葉が実に成る、
と書く。

言葉の重みを知り、自分の言葉に責任をもつ…

それが、『誠実である』ことなんだろう。

貴方にとって、誠実さとは何ですか。




スポンサーサイト

Family!




昨日から、宝塚に住む叔母さんの家に遊びに来ています。

母方の親戚は仲がとても良いので、
あやかにとっては母方の親戚一同で『家族』なのだ。

来月結婚式をあげる、
静岡在住の、二歳上の従兄H君とその妻MAちゃんが、
式打ち合わせの為にこっちに戻って来てます。

なので、昨日はお姉ちゃん宅にお泊り+今日は叔母宅にお泊りで、
明朝四国の祖父母の家に行った両親に帰りに拾ってもらう予定。

今日の夜は、お姉ちゃんとその旦那様のご両親&義姉、
あやかの叔父叔母+H君MAちゃん、あやか…
というメンバーで焼肉とカラオケに行ったよ☆

お兄さん(お姉ちゃん旦那様)がいなくて、
あやかがいるのって…不思議な感じだよね、笑。

でもみんなわいわい良い雰囲気で、
家族が増えるって嬉しいなと思った♪

本当幸せだなぁ…。
恵まれた環境に感謝します。


プロフィール

*Ayaka*

Author:*Ayaka*
Name:あやか
Sex:Female
Location:
Osaka, Japan/Bangkok, Thailand

+About Ayaka+:
大学院留学から帰国し、
現在日本で英語教員をしながら、精進中です。
バンコクのど真ん中で大学院生をしてました。
タイ語はあまりできません。
ただ、ぼられない様にしていたら、ショッピング時だけ流暢に話せるようになりました、笑。
ちなみに院では英語ばかり使っていました。

どうぞよろしく


※!!注意!!※
このブログ内では大体…
1バーツ(B)=3~3.5円(¥)
で計算してます。

詳しいレートは↓↓

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック