スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Personal*

「貴女のまわりは、きちんと気持ちを言葉にして表現するひとが多いね。」

数年前、ある歳上の女性にそう言われた。
その時の私は、そうなのかなぁとしか思わなかったけれど、今は、そうだなぁと思う。


結局、人と人を繋ぐものは言葉しかない。

だから、想いは言葉にして伝えなきゃいけない。
だから、ひとつひとつの言葉の重みを知らなきゃいけない。

私にとって、誠実とは、言葉が実になることであり、言葉を実にすること。


そういう私の考えを、理解し、尊重し、そしてその考えに同調してくれる人たちだから、変わらず側にいる。
そして、私もそういう人たちだから、側にいる。無意識下で、選んでる。


「しんどいことや辛いときは、ちゃんと言ってな?
言いたくなかったら言わなくてもいいけど…
それでも、俺はそばにいるから。」

「文ちゃんはいつもすごく考えて気持ちを整理してるし、
わたしはそばにいて話聞くことくらいしかできんけど…いつでも」

「あたしにできることなんてないのかもしれないけど、
それでもあたしは文香の味方で、いつも文香の側にいるからね◎」


三人の大切な人たちから、もらった言葉…

互いに面識もない人たちなのに、私に向けてくれる気持ちも言葉も、驚くほど似ている…

そして、私がいつもその人たちに思い、伝える言葉も同じだ。

ひとは、鏡だから…


焦がれて焦がれて、目指した世界が、ここにある。

大切な人を大切にできる…そんな当たり前が当たり前としてここにある。

言葉の重みを知っている世界。
想いと信頼が安定した世界。

それが、私が築いてきた世界。

私はきっとずっと変わらない。
でも、だからこそ、不安定さに線を引こう。

もう帰らなきゃ。
遅くなってきたし、外が暗くなってきたから…

It's time to be a big girl now.

ただいま、私の世界。
もう、同じ涙は流さない。




"Big Girls Don't Cry" by Fergie

The smell of your skin lingers on me now
(あなたの肌の香りがまだ残っている)
You're probably on your flight back to your hometown
(あなたはおそらく今故郷に帰る飛行機のなかでしょう)
I need some shelter of my own protection baby
(私には自分自身を守るための場所が必要なの)
Be with myself and center,
(自分を見失わず、ぶれさせないように)
Clarity, peace, serenity
(明晰で、穏やかで、落ち着いていられるように)

*I hope you know, I hope you know
(どうか分かってくれますように)
That this has nothing to do with you
(これはあなたのせいじゃないってことを)
It's personal, myself and I
(個人的な、私自身のこと)
We got some straightening out to do
(私にはきちんと整理すべきことがあるの)

And I'm gonna miss you
(そして私はあなたを恋しく思うでしょう)
like a child misses their blanket
(子どもが、毛布を恋しがるように)
But I've gotta get a move on with my life
(けれど私は自分の人生を進めなきゃいけない)
It's time to be a big girl now
(大人の女性になるべき時がきたの)
And big girls don't cry
(そして大人は泣かない)
Don't cry, Don't cry, Don't cry
(泣かないわ)

The path that I'm walking, I must go alone
(今歩いている道を、私は一人で行かなきゃいけない)
I must take the baby steps til I'm full grown,full grown
(少しずつ進んでいかなくちゃ、本当に成長できるまで)
Fairy tales don't always have a happy ending, do they
(お伽噺はいつだってハッピーエンドなわけじゃないでしょう?)
And I foresee the dark ahead if I stay
(そしてとどまれば、この先に闇があるのが見えるの)

*repeat(繰り返し)

Like a little school mate in the school yard
(校庭にいる学校の友達のように)
We'll play jacks and uno cards
(ジャックスやウノをして遊びましょう)
I'll be your best friend and you'll be my Valentine
(私はあなたの親友となり、あなたは私のバレンタインの相手となる)

Yes you can hold my hand if you want to
(手を握りたいなら、そうしてくれてかまわない)
'cause I wanna hold yours too
(だって私もあなたの手を握りたいから)
We'll be playmates and lovers
(私たちは遊び仲間で恋人)
and share our secret worlds
(そして秘密の世界を共有するの)

But it's time for me to go home
(だけど、もう家に帰らなきゃ)
It's getting late, dark outside
(遅くなってきたし、外は暗いから)
I need to be with myself and center,
(自分を見失わないよう、ぶれさせないようにしなきゃね)
Clarity, Peace, Serenity
(明晰で、穏やかで、落ち着いていられるように)

I hope you know, I hope you know
(どうかどうか分かってくれますように)
That this has nothing to do with you
(これはあなたのせいじゃないってことを)
It's personal, myself and I
(個人的な、私自身のこと)
We got some straightening out to do
(私にはきちんと整理すべきことがあるの)

And I'm gonna miss you
(そして私はあなたを恋しく思うでしょう)
like a child misses their blanket
(子どもが、毛布を恋しがるように)
But I've gotta get a move on with my life
(けれど私は自分の人生を進めなきゃいけない)
It's time to be a big girl now
(大人の女性になるべき時がきたの)
And big girls don't cry
(そして大人は泣かない)
Don't cry, Don't cry, Don't cry
(泣かないわ)

スポンサーサイト

流れ星☆


「俺よりいい男っていっぱいいると思わない?」
朝イチから電話でびっくりする質問をされた。

…ので、間髪入れず即答でさらっと「めっちゃいっぱいいると思う」と答えた。
相手は、一瞬沈黙してから、「ひどすぎるだろw」と言って爆笑していた。

いい男とかいい女とか、その判断は人それぞれの基準によって違う。
そういう意味で言えば、「最高のいい男(女)」なんて、いるわけがない。
結局は自分にとってどうか、ということだけだと思う。
でもそれでさえ、自分の状況や心の波によって、その時々で変わることもある。

そんな深いことについて朝から語ることになった今日、ふっと線が引けた。

今日は夏休みということで、年休をとった。
お昼は、北新地でBARを営む友達とランチへ。

その男の子はまだ私より2歳若いけれど、経営を初めて3年がたつ。
北新地でBARを経営するなかで、人のいろんな面を見てきたんだろう。
端正な顔立ちだから、余計にいろんなことが周りで起こったとも思う。
だからかな、眼の奥底が、見えない。そして、自分の話は上手にかわす。
人の内面や人生についての話が好きな私は、普通に深い話も遠慮せず聞くけど、
懲りずに声をかけてくれるので、とりあえずは嫌がられていないとみなそう、笑。

ランチに行ってから、カラオケへ。
カラオケでは初めてGreeeenのキセキのPVを見た…ら、泣きそうになった。
おじいちゃんがおばあちゃんの手をそっと握るところが…温かすぎて。
それぞれの年代に、それぞれの楽しみ方と感動と幸せがあるものだね。

彼にミニパインを貰ってから(ぇ)、次はバリ料理店を営む友達のところへ。
土曜日のお泊り会で一緒にいた、3人のうちの一人で、
今、私が一番心を開いている友達の一人だ。
お店のカウンターで、ロセラという花のドリンクを飲みながら、彼女と話をした。

出会ったのは1年半前…とても綺麗で賢く、魅力的な女性で、
芯が強く、いつも人に囲まれている。
初めて二人で出かけた時に深くお話をすると、とても気が合って、そこから仲良くなった。
「私には親友と呼べる人はいないかもしれない」と言っていた彼女に、
スターバックスで「よし、じゃあ私がなるわ!」と笑いながら言っていたけれど…
一緒に時を過ごして語り合い、支え合う中…
今では本当に互いに心が近いと感じられるような存在になれた。

話は尽きなくて、気づけば夜ご飯も食べないままそれなりの時間になっていた。

私の今の環境は、多分、望めば望む分だけ安らぎと楽しみをくれる。
恵まれすぎてるくらい恵まれている。
この歳の、楽しみと幸せがある。

だから言える言葉がある。

どんなにしんどい思いをしても、それをしんどいと感じられるくらい、
心が動いているということだから…
そんな風に心が動かせているそのこと自体が、幸せだ。

感動と痛み…心が動く幸せをくれた。それだけでいい。

そう思えた一日だった。

ここは温かくて、こんなにも安定してる。
だからそろそろ、還らなきゃ。



夏2014



私は学校ではよく泣くことで有名なんだけど、自分のことで辛くて泣くことはまずない。特に学校では。

昔、Gと一緒にいた頃、自分のことで毎日のように涙を流していた。
たくさん周りに心配と迷惑をかけてしまったあの三年間以降、自分のために涙を流すことはやめようと思ったから。
嬉しいときは思いきり泣くけどね、笑。

それでも、平坦な道ばかりではない人生のなか、時にはつらくて涙を流す。
でも、涙を見せられる人というのは限られている。
泣こうと思って泣く訳でなく、涙は勝手に流れてくるものだからだろう。
だから私にとって、自分のための涙を見せるということは、心が開いている何よりの証となる。

土曜日、友達のおうちに泊まりにいった。

この日集まったメンバーのメインの目的は、寝室の天井に芝生をはること(ぇ
と言っても、私のような非力な女子は大したことが出来ないので、女子組は応援担当、笑。

三時間半かけて天井の半分に人工芝をはってから、みんなでわいわい手作りイタリアンを頬張る☆
お料理上手さんのイタリアンは、とても美味しかった!

ワインを飲みながら、盛り上がり、夜遅くまで人狼もした。
私は飲めないので一口だけだったけど、飲みやすいワインだった。
何となく、「大人の夏」を感じた☆笑。

そして解散後、女子組はそのままお家に滞在…四人で深夜の女子会開始。
朝、明るくなるまでずっと話していた。

この三人とは、最近よく集まっていて、あっさりから深いところまで、いろんな話をしている。
皆それぞれにいろんなことがある中で、支えあっている。
互いが、他に泣く場所がなくても、互いの前では涙を見せられる。
互いの言葉を受け止めながら、真剣に考えて、言葉や手の温もりを返せる。

そんな関係がどれだけ貴重なのか、なかなか泣けない私だから知ってる。

だからこの日…今までずっと苦笑いですんだことに対して、初めて涙を流した時、涙が流れる自分を幸せだと思った。
自分のための涙が流れてくる、こんな心を開ける友達を持っていることを、有り難いと思った。

次の日はお昼まで友達のおうちにいて、夜に行きつけの鉄板焼屋さんで働いている子と美味しい日本料理を食べに行った。

もう2年の付き合いになるけど、お店外で出かけたのは初めて☆
仕事場では聞かない話をたくさん聞いて、今まで知らなかったことをたくさん知ることができた。

二人でのご飯中、本当なら一緒に行くはずだったもう一人の友達に電話する。
シンガポールへの国際電話☆スマホって、本当に便利だ。
バカなこと言い合って笑いながら過ごす時間が心地よかった。

大人になって、年齢関係なく「社会人」と言うくくりで友達になれるようになった。
広い広い範囲の中、繋がっていくのは心の芯が似ている人たち…だから、とても居心地が良い。

居心地のいい空間で、心を許せる人たちと、美味しいものを味わいながら、互いのことを話す…。
贅沢な時間を、当たり前みたいに持ててることを、幸せに思う。
大人って、本当に楽しい♪

今いる、この環境が好きだ。
今いる、この世界が好きだ。

この夏もこの環境で、この世界の中で、たくさん思い出を作ろう☆
忘れたくない思い出と感情を、どんどん残していけるように…。

今年の夏はどんな風に彩れるかな?
楽しみだ♪




its only seed

少し、寄り道をした。
夜桜を見たこの場所も、今は青々とした緑と虫の音が包んでいる。

座って、暗くなってゆく空をみながら、この日記を書いている。


明日で一学期が終わる。…やっと、終わる。

毎日笑顔で子ども達と接した。
笑顔で、いるようにした。

ふと見る景色に、自然に、友達に助けられながら、笑顔を守り通した。

この笑顔をたくさん見せてほしいと、君が言ったから…。
君が、大好きだと言ってくれた笑顔だったから…。

でも、もういいよね?
明日は、頑張るから…いいよね?


私は、非力だ。

本当は君の悩みも苦しみも切なさも喜びも、全部受け止めたかった。
そう、したいといつだって心から思ってた。
今だって思ってる。

けれど…私は非力だ。

一人で苦しみや…憎しみと闘う君を想うと、泣きそうになる。

また、私にはなにもできない…。
ただここにいる以外なにも…。

君は今、心から笑えているのかな。

君が私を守ると言ってくれたように、私だって君の笑顔を守るためなら何でもする。
そばにいることも、離れることも…君が笑顔でいられるなら。


もっと、強くならなくちゃ…。

でも、明日学校が終わったら少しだけ…笑顔を忘れさせてね。

今の私には、一万年先の夕焼けは見えない。






「夏の夜は」

木曜日…台風到来と言われた日、学校を出ると、その予報が嘘であるかのように空が澄んでいた。
夕陽が反射した雲の色が見事で、思わず足を止めた。

金曜日…空き時間に廊下で仕事していると、優しい風が頬をかすめた。
ふと窓の外に目をやると、青々とした稲がさわさわと音を立てて、緑の波をつくっていた。
あまりにも優しいその波と風が、心地よかった。

土曜日…月が地球に一番近づく満月、スーパームーンの夜。
友達と思い切りはしゃいで遊んだ帰り道、胸を締め付けられながら歩いていた。
眩いばかりの光に照らされて明るい空に、覆われた雲がもどかしくて、
ずっと空を見ながら帰っていると、刹那、雲の隙間から神々しいまでの光を帯びた月が姿を見せた。
一瞬、息をすることさえ忘れた。

日曜日…足をのばした京都で、神社に入り、青々とした木々の葉に包まれた。
下から見上げる葉が透き通るようにまぶしくて、目を奪われた。








時々、世界は泣きたくなるほど綺麗だ。


その美しさ故に、心が花へ、木々へ、空へと飛翔する。
そんな一瞬があるから、心の中にどんな闇が生まれても、浄化されて消えていく。
人に対して、悲しいだけの憎悪や憎しみを抱かずにすむ。

だからまた、私は微笑むことができる。
微笑む私に、微笑みを返してくれる人たちがいる。

世界の美しさと優しさは、いつも背中合わせだ。


だからどうか、心を濁らさないで…。

私たちを包む世界は、今日もこんなにも綺麗だよ。





物語。

数週間前、ある瞬間から、世界の見え方が変わった。


私は、人生は物語だと思う。
書き手は、自分自身で…読み手は、自分と自分に関わる人たち。

物語を彩るのは、自分とそして周りの行動のすべてであり、
それぞれが思う、想いのすべてだ。

一日一日、一秒一秒に、物語は綴られていく。
一瞬も手を止めることなく、綴られていく物語…

その自分の物語を気に入ってくれたひとは、
友達や恋人、家族という名でそばにいて、
ずっと物語の読み手で居続けてくれる。

けれど、誰よりも一番自分の物語を知り、
誰よりも自由に、誰よりも深く濃く、自分の綴る物語を読めるのは、
自分自身だ。

今、物語を書き綴り続けて30年…
ピンクゴールドの時計をはめて、今の心にある素直な気持ちと向き合って…
読み返す物語が、とても温かく、優しく、
私を包み込んでくれることに気づいた。


人生が、愛おしい。


今まで歩いてきた道で起こったことのすべてが、
今愛おしいと思えた。

楽しさも幸せも感動も苦しみも悲しさも傷も…
一連につながった物語に綴られたすべてのものが大切に思える。


そして、もう一つ…人の大切さを改めて知った。

ふと読み返した書き綴ってきた物語の中の、
何度も読み返したくなる場面はすべて、
その時々に、自分の周りにいる人たちが作ってくれたものだ。

だからこそ、自分の物語を素晴らしくドラマチックで幸せなものに彩ってくれる、自分の周りにいる人たちが、
その人たち自身の物語を読み返したいと思うような、
そんな物語を綴るお手伝いを少しでもしていきたい、と強く思った。


人生が、愛おしい。

世界がきらきらと輝きを増して、一瞬一瞬がより大切に思える。

私は、いつも、一秒ごとに読み返したくなるような物語を綴り続けていきたい。


Love the life you live. Live the life you love.
- Bob Marley -

(自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。 )


プロフィール

*Ayaka*

Author:*Ayaka*
Name:あやか
Age/Sex:29/Female
Location:
Osaka, Japan/Bangkok, Thailand

+About Ayaka+:
大学院留学から帰国し、
現在日本で英語教員をしながら、精進中です。
最近はまっていることは、お菓子作りとビリヤード。
バンコクのど真ん中で大学院生をしてました。
タイ語はあまりできません。
ただ、ぼられない様にしていたら、ショッピング時だけ流暢に話せるようになりました、笑。
ちなみに院では英語ばかり使っていました。

どうぞよろしく


※!!注意!!※
このブログ内では大体…
1バーツ(B)=3~3.5円(¥)
で計算してます。

詳しいレートは↓↓

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。