「開く」


初めて聞いた時から、心に残っている曲がある。

きれいなピアノの旋律が心に染み入ってくるようで、シンプルに「弾いてみたい」と思った。
けれど、唯一出回っている楽譜は、サウンドトラックの付属品としてついてくるものだけ。
そのサウンドトラックはすでに廃盤になっていて、手に入らない。
そこから、20年間…折にふれ探し続けていたその楽譜が、やっと手に入った。

久しぶりに、ピアノの蓋を開けた。
動かない指に、昔飽きるほど弾いた曲で勘を取り戻させる。
1曲弾き終えるごとに戻ってくる指の動きが、なんだかとても嬉しかった。

楽しい――そう素直に思えるような心地良さの中で、弾きたかった曲の一音一音を確認しながら奏でていく。
最近、そんな贅沢な時間を過ごしている。


もう一つ、贅沢だなと思う時間がある。
読書の時間だ。

今勤務する学校には、まさしくビブリオと呼ぶに相応しい司書の先生がいる。
友達に勧められた本について聞くと、その著者についての個人の見解と、蔵書のメモを手紙に書き、その著者の本の入門編のような2冊と、先生のおすすめの2冊の本とをセットにして渡してくれた。

そのうちの一冊に、『太陽のパスタ、豆のスープ』があった。
現代小説を読むのは、いつぶりだろう。
そう思いながら、ビブリオからの素晴らしいお手紙で抱いた感動に後押しされて、ページを開いた。

仕事に疲れた時にお勧めだと言われたのだが、まさかの出だしが別れ話…
先行きに不安を感じながらも読み進めていくと、なるほど確かに元気になれる本だった。
そして、所々で胸にそのまま入っていくような、そんな言葉との出会いがあった。
丁寧なコメントのお手紙のお返しに…と、本を読んだ感想を手紙にしたためた。


今歳…33歳になって2カ月が過ぎた。

今まで少し遠ざかっていたものを開き、瑞々しい新鮮な感覚と共に自分のすぐそばに置く。

人とのつながりに関しても…今まで固く凝り固まっていた部分に柔らかさを持たせて、違う感覚をもって、接し始めている。
それが、良い事なのか悪い事なのかは今はまだ正直分からないけれど…。

今歳は、「吐古納新の年」になる…そんな予感がしている。


司書の先生へのお手紙


スポンサーサイト

プロフィール

*Ayaka*

Author:*Ayaka*
Name:あやか
Sex:Female
Location:
Osaka, Japan/Bangkok, Thailand

+About Ayaka+:
大学院留学から帰国し、
現在日本で英語教員をしながら、精進中です。
バンコクのど真ん中で大学院生をしてました。
タイ語はあまりできません。
ただ、ぼられない様にしていたら、ショッピング時だけ流暢に話せるようになりました、笑。
ちなみに院では英語ばかり使っていました。

どうぞよろしく


※!!注意!!※
このブログ内では大体…
1バーツ(B)=3~3.5円(¥)
で計算してます。

詳しいレートは↓↓

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック