あなたの手のぬくみ


「あたった」。

『闇』に囚われるような絶望感…苦しみ。
濁る心の、その重さに、苦しくなる感覚。
心臓が重くなって、涙が込み上げる。

久々の、同調。

子どもたちと寄り添って過ごす中、その辛さ苦しみを感じ何度も涙を流したけれど…同調で引きずり込まれることはなくなっていた。
だから、その子達のために全力で動けていた。

そうできるようになったのは、自分が成長したからだと思っていた。

でも、違った。
私は20の頃から変わってない。

バランスがとれていたのは、あくまで『教員』として向き合う『子どもたち』に対してだったからだったのだと思い知らされた。

『対等』な人には、余裕のすべてをかっさらわれてしまう。

生にすら疑問を覚えるような、深く暗い闇。
心の中にいる人がその状態だと引きずられる。

近しい人であればあるほど…同調してしまう。
同調は、諸刃の剣のようなものだ。

違うのは…20の時よりも、引き上げてくれる手が増えたこと。
闇に溺れかけても、還ってくる場所があると、より強く確信を持てている今、突っ走ることは怖くなくなった。

同調する気持ちに全力で向き合う覚悟ができるようになった。


生死を考えなければならないほどの闇に直面する人がいる。

飛び抜けて頭の良いその人とは、いつも頭をフル回転させながら会話をしている。
その会話の中で、「フラストレーション」に関しての議論があった。

その人は、完璧主義であるがゆえに、例えば「試験で合格したとしてもフラストレーションは感じる」と言い切れるほどの強さをもっている。
100を目指しながら100を感じない、そのストイックさと向上心、そのすべてを受け止めようとするその強さが、今、自身を苦しめている。

私の場合、何かを選択するときはとことん考えて考えて、選んだらもう、迷わないし、後悔もしない。
どちらを選んでも、選んだ一秒後からの自分の行動で、その選択を選んでよかったと思う『未来』をつくることはできると思っているからだ。
でもだからこそ、中途半端には選ばない。
10年後に『今』に戻ってもそっちを選ぶだろう、と思えるほどに考え抜いて、選択をしている。

そして、その後の行動のすべてで大切なのは「最善を尽くしたか」ということ。
最善を尽くしても届かない時もあるけれど、本当に最善を尽くしていたら「これだけやって無理なら仕方ない」と清々しい気持ちで結果を受け入れられるから、フラストレーションはたまらない。
後悔することもない。

そんな話をした。
そのあとに、
「それでも私はもしあなたが命を落としたら後悔するだろう」と告げた。

その人は、重くなったその場に風を吹き込んで軽くするために、笑いながら、冗談めかして言った。

「最善を尽くせてないんじゃない(笑)?」


その言葉が、ずっと頭に残っている。


その人はそんなつもりでは全く言っていない。
それも、分かってる。
だけど、囚われてしまった。

私は、確かに最善を尽くせてはいない。

何が最善かも分からずに、最善を尽くしてもそれはきっと『足りない』。
だから、動ききれていなかった。

最善が、『分からない』ことを言い訳にしてた。

それでも…足りなくても、届かなくても、大事なことは『自分が思う最善を全力でできたのか』ということ。

後悔の仕方は行動次第でどうにでもかえられる。

今の私には、還る場所がある。
だから、全力で受け止めて突っ走っても、きっと大丈夫。

今できる、最善をしよう。
同調もすべて引っくるめて、受け入れよう。

大切なことは、その人の手があたたかいということ。
生きている、ということだから。



スポンサーサイト

プロフィール

*Ayaka*

Author:*Ayaka*
Name:あやか
Sex:Female
Location:
Osaka, Japan/Bangkok, Thailand

+About Ayaka+:
大学院留学から帰国し、
現在日本で英語教員をしながら、精進中です。
バンコクのど真ん中で大学院生をしてました。
タイ語はあまりできません。
ただ、ぼられない様にしていたら、ショッピング時だけ流暢に話せるようになりました、笑。
ちなみに院では英語ばかり使っていました。

どうぞよろしく


※!!注意!!※
このブログ内では大体…
1バーツ(B)=3~3.5円(¥)
で計算してます。

詳しいレートは↓↓

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック