スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じる



うちの教卓はスライド式だ。

どういうことかというと、天板(上の板)のボルトが一つを残し、全てとれて外れてしまっている状態で、手で押せば天板が横に動いて中が見える、という感じ。
そんなぼろぼろの教卓を、修理もできないまま使い続けていたら、ついに中にある金属の支えまで折れた。

まぁでもとりあえず支障はないし、掃除の時も子どもたちがうまいこと移動させてくれてるので、本年度中は使うつもりでいたのだが、
来年度1-2に来る先生があまりに哀れ…と思い、来年度に間に合うように何とかしてあげてくれないかと教頭先生に言ってみる。

すると、「それは、あやか学級仕様やなぁw」などと相変わらずの憎まれ口をたたいてから、
「新しいのあるか見てみる。あったら持って行って今からもう使えばいい。」と優しい言葉を投げかけてくれた。

…ということで、ぴかぴか新品の教卓GET♪
子どもたちに手伝ってもらい、古いのと新しいのを入れ替えた。

「何故二組だけ?」という他の先生方の質問に「脅されてんw」などという大ウソで答える教頭先生だが、
今回の教卓プレゼントは本当にありがたかったので、余り反発もせず聞き流すことにした。
つるつるの天板、手触り最高~(^0^)/

そんな、ドSリアルつんでれの教頭先生が書いた今月の詩は、谷川俊太郎の『信じる』…
語りかけてくるような美しい文字が紡ぐ言葉が、心にぐっとくる。

最近ある人の話を聞く中で、
「誰も信じていない。信じて傷ついた経験があるから、もう人を信じたりしない、と思って生きてる。」
という言葉があった。

その言葉を聞いてすごく哀しくなった。
だけど、その気持ちもわかる。自分にも、傷ついた経験があるから…。
傷ついたことがない人など、いないんじゃないだろうか。そして、傷つくのは、誰でも怖い。

それでも…と私は思う。
馬鹿みたいに何度も傷ついて、ずたぼろになっても、「人」を信じている。
すぐに信じるからすぐ騙されるし、裏切られることもあった。
今年も新年早々騙されかけた。そんな自分を馬鹿だとも思う。
だけど、学んでいないわけじゃない。学んだ結果、それでも信じる方を選んでいるだけだ。

裏切るような人たちに…人を大切にすることすら出来ない人たちに傷つけられたからって、人を疑って信じることが出来なくなるなんて、ばかばかしい。
そんな人たちのために、人を大切に出来る人たちまで疑うなんて勿体ない。
そんな程度の人に、自分の人生を冷やすほどの価値などない。

今までの人生、繰り返し人を信じては傷ついてきた。
けれど、人を信じているからこそ築けてきたものの方がずっと多い。
人を信じる中で得られた温かさや輝きの方が比べ物にならないくらい大きい。

もちろん、何もかもを、誰もかれもを闇雲に信じられる訳じゃない。
けれど、自分が信じられると思う所を一つでも見いだせれば、信じていいんじゃないかと思う。

まぁ傷つかないためには、単に人を見る目を磨けばいいだけなんだけどね、笑。
それが、難しいんだよなぁ(-_-)

それでも、だからこそ言える。
「信じることは、生きるみなもと。」



スポンサーサイト

プロフィール

*Ayaka*

Author:*Ayaka*
Name:あやか
Age/Sex:29/Female
Location:
Osaka, Japan/Bangkok, Thailand

+About Ayaka+:
大学院留学から帰国し、
現在日本で英語教員をしながら、精進中です。
最近はまっていることは、お菓子作りとビリヤード。
バンコクのど真ん中で大学院生をしてました。
タイ語はあまりできません。
ただ、ぼられない様にしていたら、ショッピング時だけ流暢に話せるようになりました、笑。
ちなみに院では英語ばかり使っていました。

どうぞよろしく


※!!注意!!※
このブログ内では大体…
1バーツ(B)=3~3.5円(¥)
で計算してます。

詳しいレートは↓↓

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。