スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Personal*

「貴女のまわりは、きちんと気持ちを言葉にして表現するひとが多いね。」

数年前、ある歳上の女性にそう言われた。
その時の私は、そうなのかなぁとしか思わなかったけれど、今は、そうだなぁと思う。


結局、人と人を繋ぐものは言葉しかない。

だから、想いは言葉にして伝えなきゃいけない。
だから、ひとつひとつの言葉の重みを知らなきゃいけない。

私にとって、誠実とは、言葉が実になることであり、言葉を実にすること。


そういう私の考えを、理解し、尊重し、そしてその考えに同調してくれる人たちだから、変わらず側にいる。
そして、私もそういう人たちだから、側にいる。無意識下で、選んでる。


「しんどいことや辛いときは、ちゃんと言ってな?
言いたくなかったら言わなくてもいいけど…
それでも、俺はそばにいるから。」

「文ちゃんはいつもすごく考えて気持ちを整理してるし、
わたしはそばにいて話聞くことくらいしかできんけど…いつでも」

「あたしにできることなんてないのかもしれないけど、
それでもあたしは文香の味方で、いつも文香の側にいるからね◎」


三人の大切な人たちから、もらった言葉…

互いに面識もない人たちなのに、私に向けてくれる気持ちも言葉も、驚くほど似ている…

そして、私がいつもその人たちに思い、伝える言葉も同じだ。

ひとは、鏡だから…


焦がれて焦がれて、目指した世界が、ここにある。

大切な人を大切にできる…そんな当たり前が当たり前としてここにある。

言葉の重みを知っている世界。
想いと信頼が安定した世界。

それが、私が築いてきた世界。

私はきっとずっと変わらない。
でも、だからこそ、不安定さに線を引こう。

もう帰らなきゃ。
遅くなってきたし、外が暗くなってきたから…

It's time to be a big girl now.

ただいま、私の世界。
もう、同じ涙は流さない。




"Big Girls Don't Cry" by Fergie

The smell of your skin lingers on me now
(あなたの肌の香りがまだ残っている)
You're probably on your flight back to your hometown
(あなたはおそらく今故郷に帰る飛行機のなかでしょう)
I need some shelter of my own protection baby
(私には自分自身を守るための場所が必要なの)
Be with myself and center,
(自分を見失わず、ぶれさせないように)
Clarity, peace, serenity
(明晰で、穏やかで、落ち着いていられるように)

*I hope you know, I hope you know
(どうか分かってくれますように)
That this has nothing to do with you
(これはあなたのせいじゃないってことを)
It's personal, myself and I
(個人的な、私自身のこと)
We got some straightening out to do
(私にはきちんと整理すべきことがあるの)

And I'm gonna miss you
(そして私はあなたを恋しく思うでしょう)
like a child misses their blanket
(子どもが、毛布を恋しがるように)
But I've gotta get a move on with my life
(けれど私は自分の人生を進めなきゃいけない)
It's time to be a big girl now
(大人の女性になるべき時がきたの)
And big girls don't cry
(そして大人は泣かない)
Don't cry, Don't cry, Don't cry
(泣かないわ)

The path that I'm walking, I must go alone
(今歩いている道を、私は一人で行かなきゃいけない)
I must take the baby steps til I'm full grown,full grown
(少しずつ進んでいかなくちゃ、本当に成長できるまで)
Fairy tales don't always have a happy ending, do they
(お伽噺はいつだってハッピーエンドなわけじゃないでしょう?)
And I foresee the dark ahead if I stay
(そしてとどまれば、この先に闇があるのが見えるの)

*repeat(繰り返し)

Like a little school mate in the school yard
(校庭にいる学校の友達のように)
We'll play jacks and uno cards
(ジャックスやウノをして遊びましょう)
I'll be your best friend and you'll be my Valentine
(私はあなたの親友となり、あなたは私のバレンタインの相手となる)

Yes you can hold my hand if you want to
(手を握りたいなら、そうしてくれてかまわない)
'cause I wanna hold yours too
(だって私もあなたの手を握りたいから)
We'll be playmates and lovers
(私たちは遊び仲間で恋人)
and share our secret worlds
(そして秘密の世界を共有するの)

But it's time for me to go home
(だけど、もう家に帰らなきゃ)
It's getting late, dark outside
(遅くなってきたし、外は暗いから)
I need to be with myself and center,
(自分を見失わないよう、ぶれさせないようにしなきゃね)
Clarity, Peace, Serenity
(明晰で、穏やかで、落ち着いていられるように)

I hope you know, I hope you know
(どうかどうか分かってくれますように)
That this has nothing to do with you
(これはあなたのせいじゃないってことを)
It's personal, myself and I
(個人的な、私自身のこと)
We got some straightening out to do
(私にはきちんと整理すべきことがあるの)

And I'm gonna miss you
(そして私はあなたを恋しく思うでしょう)
like a child misses their blanket
(子どもが、毛布を恋しがるように)
But I've gotta get a move on with my life
(けれど私は自分の人生を進めなきゃいけない)
It's time to be a big girl now
(大人の女性になるべき時がきたの)
And big girls don't cry
(そして大人は泣かない)
Don't cry, Don't cry, Don't cry
(泣かないわ)

スポンサーサイト

プロフィール

*Ayaka*

Author:*Ayaka*
Name:あやか
Sex:Female
Location:
Osaka, Japan/Bangkok, Thailand

+About Ayaka+:
大学院留学から帰国し、
現在日本で英語教員をしながら、精進中です。
バンコクのど真ん中で大学院生をしてました。
タイ語はあまりできません。
ただ、ぼられない様にしていたら、ショッピング時だけ流暢に話せるようになりました、笑。
ちなみに院では英語ばかり使っていました。

どうぞよろしく


※!!注意!!※
このブログ内では大体…
1バーツ(B)=3~3.5円(¥)
で計算してます。

詳しいレートは↓↓

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。