スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aug.18 20:17

飛行機から無数の星が光輝く夜空が見える。

旅行帰りの飛行機の中、今はちょうど九州の南の海の上空だ。

一週間、シンガポールに行ってきた。

アジアの貿易の中心地…様々な人種が集まるこの国では多文化多言語が入り交じり飛び交っている。

誰が何を着ていても話していても、気にもしない。
どんな人種も受け入れる…自由貿易のもたらすこのおおらかさは、日本にはない。

美味しいものを食べたりショッピングをしたり、ターザン的なことをしてみたり…
屋上にプールのあるサンズに泊まり、マーライオンに会いにいったりもした。
水族館、ナイトショー、ナイトサファリ…作った思い出を挙げるとキリがない。

けれど、この旅は「楽しかった」だけで終わらない。

大きなことに気づいたから…。



街中を歩けば、英語、中国語、タイ語、韓国語、日本語、ヒンズー語、アラブ語…様々な言葉が聞こえてくる。
目に写るのは、Tシャツ、ワンピース、ミニスカート、サリー、ターバン、ヒジャブ…様々なファッション。

そんな中で一週間過ごすなかで、浮かんだ素朴な疑問。

何故、アラブ系の女性は髪の毛を隠すんだろう…?

Wi-Fiが繋がる夜に、ネットで調べてみた。
なるほど、自分を守るためなんだと分かった。

しかし、そこでとどまらなかった。
…その奥にある「名誉の殺人」を知った。

『生きながら火に焼かれて』という本がある。
それは「名誉の殺人」から奇跡的に逃れて生き延びた女性が書いた本で、世界的なベストセラーでもある。

私は留学してたときにできた友達が世界中にいる。
彼らの人種も宗教も価値観もさまざまだ。
だから、なにか特定の価値観を否定する気はないし、それぞれがそれぞれに正しいと思うものを持っていて当然だと思う。
その場所が大切にしている考えや信仰も大切にしたい。

けれど、何かに疑問を持ち、苦しい思いをするのなら、一つのところに留まり続ける必要はないとも思う。

世界は広い。
自分が正しいと思う価値観に沿う場所が必ずどこかにある。

世界の広さを知ること…それは「自由」を知ること。

自由というのは好き勝手にすることじゃない。

自由というのは、自分の価値観に従って生きられることだ。

けれど、苦しみながらも今いる場所に居続けるしかない人たちもいる。
その人たちに、救いの手を、そこから抜け出す術を与えるのは、「動ける」人たちの役目だ。

では、動ける立場にいる今の私に出来ることは…?

知り、伝えること。

そして、自分自身が縛られることなく、「正しい」と思う生き方をすること。
そうできることを忘れずにいること。


十代の頃からずっとずっと、持ち続けてきた夢…

世界を知り、様々な価値観に触れ、自分の「真実」を得ること。

一歩、ほんの一歩だけれど、前に進んだ…。
そう思える旅となった。

自分にとっての大きな一歩…その始まりは素朴な一つの疑問からだった。
きっかけは、些細なことからということがあると、再確認した。

だから、いつも何事に対しても、疑問と探究心を持ち続け、常に知ることに貪欲でありたい。


スポンサーサイト

プロフィール

*Ayaka*

Author:*Ayaka*
Name:あやか
Age/Sex:29/Female
Location:
Osaka, Japan/Bangkok, Thailand

+About Ayaka+:
大学院留学から帰国し、
現在日本で英語教員をしながら、精進中です。
最近はまっていることは、お菓子作りとビリヤード。
バンコクのど真ん中で大学院生をしてました。
タイ語はあまりできません。
ただ、ぼられない様にしていたら、ショッピング時だけ流暢に話せるようになりました、笑。
ちなみに院では英語ばかり使っていました。

どうぞよろしく


※!!注意!!※
このブログ内では大体…
1バーツ(B)=3~3.5円(¥)
で計算してます。

詳しいレートは↓↓

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。