三十にして立つ


論語において、30歳は而立(じりつ)という。

その意味が、最近分かる気がする。
この半年間、気づくことやはっきりしていくことがたくさんあったから…

私の場合、自分で設定した人生の大きな区切りが28歳だった。
その時までにこうなりたいと思う理想があって、そこに向けて十数年進んできた。

28歳になり、私は次に目指す道を以前ほど強くは描けなくて…この二年間探し続けてきた。
ただ、心に決めた『自然体であること』だけは続けた。

そんな風に自然体で生きるなかで、少しずつの気づきが積もり積もって…やっとこの半年で形になってきた。

まだ、言葉にできるほどじゃないけれど、あと七ヶ月ある今歳の間には見えると思う。


空に薄い雲が広がっている。
蝉のかわりに涼やかな虫の音がささやいてくる。
季節はもう、秋。

今歳の夏はとにかく最初から最後まで体調が悪かった。

けれど、いろんなものを得ることができた。

まずは、運転スキルと安心…
運転しないうちにゴールドに輝いていた免許…。
GW前、病院のソファに座りながら母と話しているとき、心のなかで決めていた。
お父さんの負担が少しでも減るように、私が運転できるようになろう。
そして、夏休み中、作ったドライ部や友達に協力してもらったり、一人で特訓したりして、運転した。
少しだけ、心が楽になった。

次に、安定…
変わらないものがある。
信頼で築かれた、安心できる場所がある。
望んだ場所がここにあることに、気づいた。
それが、私の心をこの上なく安定させてくれた。

もうひとつは、新たな知識とより強くなった知識欲…
自由にいきるということの私なりの意味をつかみ、
十代から心に思っていた夢への本当の意味での第一歩を進めることができた。

そして…決意と絆。
言葉として受け取った勇気と想い、言葉にして預けた心の欠片。
変わらない、ずっと…。大切、それだけでいい。

ただ、そこに存在(いて)くれるだけでかまわない。
そんな人たちが、いる。

大切なものが増えていく…私は、幸せだ。
時間に信頼を織り交ぜて紡いだ絆の一本一本が、切れない糸となって今の私を支えている。

だから、私は一人で望むままに立っていられる。


吾十有五而志於學、三十而立。

志学から十五年、而立の歳にようやく立つことを知った。
ここから十年、不惑までの道のりを、楽しんで生きたい。

大切なものを、大切に…。




スポンサーサイト

プロフィール

*Ayaka*

Author:*Ayaka*
Name:あやか
Age/Sex:29/Female
Location:
Osaka, Japan/Bangkok, Thailand

+About Ayaka+:
大学院留学から帰国し、
現在日本で英語教員をしながら、精進中です。
最近はまっていることは、お菓子作りとビリヤード。
バンコクのど真ん中で大学院生をしてました。
タイ語はあまりできません。
ただ、ぼられない様にしていたら、ショッピング時だけ流暢に話せるようになりました、笑。
ちなみに院では英語ばかり使っていました。

どうぞよろしく


※!!注意!!※
このブログ内では大体…
1バーツ(B)=3~3.5円(¥)
で計算してます。

詳しいレートは↓↓

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック