31




一月前、而立の最初の一年が終わった。

31歳になった。

30歳は、たくさんのことが前進した一年だったと思う。

まずは仕事…新たな学年団との毎日は、笑いに溢れていて、楽しい。
予定通り、今年度に入って立場がさらに変わり、責任はますます重くなったけれど、学年のストレスはほぼ0だから、本当に有り難いなと思う。
それでも、責任の重さに新年度始まって3日で泣いたけどね、苦笑。(もちろん、夜に家でですが(..))
でも、今のこの立場での仕事を本気出してやってみようと思ってる。

次に、友達…仲間達との絆はさらに深まった。
迷路挑戦、貴船の川床、徳島の島旅行、温泉旅行、スノボ、星旅行、ボルダリング、脱出ゲーム、げてもの道楽…数えきれないほど楽しい思い出がたくさん増えた。


毎歳、増していく温かさ…それはこの4月、特に強く感じられた。
誕生日当日にたくさんたくさん送られてきたメッセージ…
それぞれの国からお祝いを伝えてくれる留学時代の仲間たちも、いつもそばで支えてくれる日本の友達も、いろんな体験を一緒にしてきた遊び仲間達も…
一人一人想いを込めて伝えてくれたその気持ちが、本当に温かくて、幸せだ。
サプライズでケーキを用意してくれた人達もいる。
誕生日を過ぎても、直接お祝いをしたいと用意してくれるその気持ちが本当に嬉しい。

そして、どんな時も変わらずずっと支えてくれる大切な家族。
今歳のプレゼントは、ワンピース、カーディガン、鞄だった。
ある日、家に帰るとカーテンレールに綺麗にコーディネートされてかかっていた。
「特に欲しいものはない」という私に、何を贈れば喜んでくれるのかと考えて用意してくれたんだろう。
私は本当に恵まれてるなぁと思う。


28歳から「なりたい自分」の具体的な形を少しずつつかもうとしているけれど、未だに28歳までの時ほど強く描けてはいない。

ただ、年々大切なものがはっきりしていくだけだ。

けれど最近は、それでいい、と思っている。

大切なものを、大切に…そんなシンプルさが、何より必要なものなんだと思えているから。
それでいい。

自分に与えられているほどの温かさも、感動も、人に与えることが出来てる訳じゃない。

だから、少しでも多くの温かさを、彩る感動と物語を、返していかなきゃなと思う。


分厚い雲の奥で輝く満月の光のように、例えば届かなくても、自分の精一杯の力で相手に対して光を放ち照らしていたい。

でなきゃ、雲の切れ間があっても光を届けることができないから。


今この瞬間を、大切なものを、大切に…


31歳の一年、そんな風に一瞬一瞬を生きていきたい。




スポンサーサイト

プロフィール

*Ayaka*

Author:*Ayaka*
Name:あやか
Age/Sex:29/Female
Location:
Osaka, Japan/Bangkok, Thailand

+About Ayaka+:
大学院留学から帰国し、
現在日本で英語教員をしながら、精進中です。
最近はまっていることは、お菓子作りとビリヤード。
バンコクのど真ん中で大学院生をしてました。
タイ語はあまりできません。
ただ、ぼられない様にしていたら、ショッピング時だけ流暢に話せるようになりました、笑。
ちなみに院では英語ばかり使っていました。

どうぞよろしく


※!!注意!!※
このブログ内では大体…
1バーツ(B)=3~3.5円(¥)
で計算してます。

詳しいレートは↓↓

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック