スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

33yrs old -about life-


「なにがしあわせかわからないです。
ほんとうにどんなつらいことでもそれがただしいみちを進む中でのできごとなら峠の上りも下りもみんなほんとうの幸福に近づく一あしずつですから。」

宮沢賢治作『銀河鉄道の夜』には、こんな台詞が出てくる。

星に包まれるような、読み終えたあとに何とも言えない切なさとそして煌めきが胸に広がるような、そんな物語をゆっくりと読んだ。


思い出したのは、この物語を好きだと言った、大切だった人のこと。

一生しんどいか一瞬しんどいかを考えて、別れを選んだあの27の時の選択を、今の私は、正しかったと心から思えている。

そう思える道をつくり、歩んできた自分自身に、自信を持てる。


今年、また「32歳、今歳が一番楽しく、幸せだった!」と思いながら33歳の誕生日を迎えた。

それからまだ一月半だけど、すでに「今歳が一番幸せ」と思えている自分がいる。


33歳の、私の周りには…ありのままの私を受け入れ、温かく包み込んでくれるような人たちが本当にたくさんいる。

誕生日を、特別なものにしてくれる人たちがいる。

「生まれてきて良かった」

そんな台詞が自然と口をついて出るような…そんな幸福の中で私は生きている。

峠の下りももう、怖くはない。

何があっても、揺るぎない居場所があると分かっているから。


教室で吐き気に襲われて、金木犀の香りに支えられていた私から、何もなくても、立っていられる私へ。

5年間の旅路の中で、出会った人たちとの絆が、星のように煌めいて、この先の路を照らしてくれている。

一あしずつ進むこの一歩が繋がる先に、これ以上の幸福があるのかは分からない。

けれど、今この瞬間が幸せ。

だから、ごちゃごちゃと考えるよりも、その瞬間を重ねていくだけでいい。


頭をすっきりと。

心に真っ直ぐに。


頭でっかちになりがちな私だから、今歳は、心が動くそのままに、少しの緩やかさを持って、過ごしていきたいなと思う。

そして、ずっとかわりなく思っていることだけれど、もらっている温かさには到底届かなくとも、温かさを与えられる人でありたい。


大切な人を、大切に…。


そうしながら、少しだけ、頑なだった殻を破ってみる。

銀河をわたる列車にのって知らない世界で過ごした、ジョバンニとカンパネルラのように。

どこまでも行ける切符は、もうこの手の中にあるのだから…。


スポンサーサイト

プロフィール

*Ayaka*

Author:*Ayaka*
Name:あやか
Age/Sex:29/Female
Location:
Osaka, Japan/Bangkok, Thailand

+About Ayaka+:
大学院留学から帰国し、
現在日本で英語教員をしながら、精進中です。
最近はまっていることは、お菓子作りとビリヤード。
バンコクのど真ん中で大学院生をしてました。
タイ語はあまりできません。
ただ、ぼられない様にしていたら、ショッピング時だけ流暢に話せるようになりました、笑。
ちなみに院では英語ばかり使っていました。

どうぞよろしく


※!!注意!!※
このブログ内では大体…
1バーツ(B)=3~3.5円(¥)
で計算してます。

詳しいレートは↓↓

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。